HOME>特集>可能な限り未収金を少なくして債権を回収する

予定通りに回収

債権管理は企業にとって非常に重用な要素であり、売掛金は予定通り確実に回収することができなければ資金繰りが苦しくなります。もし多額の売掛金があって未収が続くようであれば、最悪の場合倒産してしまうこともあるからです。そこで可能な限り未収金を少なくして、債権を回収できるように債権管理は厳格に行っていくことです。そして債権管理の一連の過程ですが、まず債権が発生すれば請求書をおこして、支払日を管理します。それから予定日に支払がなければ、催告書を発行して法的措置をとることになります。

ファイル管理は非効率

債権管理をExcelなどのファイルで個々の担当者が行っている場合、最新の情報がどれかわからなくなることがあります。取引内容の変更や債権の量の増加などがあれば、手間がかかり間違いが生じたり正確な債権管理ができなくなったりしてしまうのです。

システム化することでリアルタイムで把握

効率が悪いファイルやソフトによる債権管理のデメリットを克服するには、債権管理をシステム化することをおすすめします。システムを導入することで売掛金の残高や入金予定日などが一目瞭然となり、リアルタイムで現状を把握することができるからです。

一元化ができる

債権管理システムを導入することで債権回収業務をミスも少なくなり、回収業務が速やかに行われるようになるので資金繰りも楽になります。また支店や支社ごとに行っていた債権管理を一元化することができるようになります。

広告募集中